FC2ブログ

フェチ人は考えたら足である。

FC2は大きな画像が貼れていいですね^^
いつものことながら勝手に人様の画像貼ってますが、お許し下さい。
出典の判らないものが多々ございますが、お分かりの方がいらしましたら教えて下さい。
問題ありましたら削除させていただきますのでお申し付け下さい。

ところで、ここまでやっていながら、まだ足について語っていただいておりません。
フェチと銘打ちながら足を語らないとはなんでしょうか。
今回のお題目は足にします。

足といえば「NATURAL FOOT」さんという大きなサイトがありまして
この足に対する思い入れは凄まじいものがあります。
軽い感動を憶えましたのでご紹介いたします。

「NATURAL FOOT」
http://naturalfoot.skr.jp/

kg59_1.jpg
「NATURAL FOOT」
kg65_5.jpg
「NATURAL FOOT」
kg100_5.jpg
「NATURAL FOOT」

足で感じられたら相当な強者と思われそうですが、よく見てると結構エロいものがあります。
感じない人からすれば「何が良いのだろう?」とお思いでしょうが、ここから連想される妄想を
以下に示しますので皆様と一緒に考察していきましょう。

活発な女の子と放課後の会話なんて…遠い記憶の中にありそうな風景ですが、
奥手な私なんか目を見てまともに話せなかったりします。
すると大抵足とかずっと見て会話したりしたもんです。
すると彼女の存在すべてが足に集約しちゃったりするんですよねw
もちろん「あ〜んなこと」や「こ〜んなこと」の想像も集約します^^;
k1213825781287.jpg


それに味を占めてしまうと次からは好きな女の子の足にばかりに執着しはじめます。
なぜなら目を合わせなくていいのですから・・・・。
1221601852630.jpg
しかし…ここまで来るとそろそろ後戻り出来ない領域に…

1191844401942.jpg
こんなシチュエーションは滅多に遭遇しないでしょうけど…このイラストも足が多く語っています。
この後にこの女性と何をするかとかが問題じゃなくて足がいいのですw

足に逝っちゃう人というのは多くはマゾっ気があるのではないかと勝手に考えてます。
この絵ですと「これからヤリましょう」とも取れますが「まず足からお舐めなさい」とも取れます。
よく見れば彼女の表情や差し出した足が普通のH前のシーンからすれば不自然なのです。
k1201183299242.jpg
つまりこの絵の中のシチュエーションでいけば、イニシアチブは明らかに女性にあるのです。
では皆さん、彼女の足を舐めましょう。

1182554987961.jpg
これは「カモ〜ン」に見えますが、やはりイニシアチブは彼女が掌握しています。
この絵の作者の意図がかなりの割合で足に集約していると感じるのは私だけでしょうか?

そして最終的な妄想の終点はこんな感じで落ちつくのではないでしょうか?
kk1179559551685.jpg

あるいはこんなのも陵辱的でいいですね。
kk1195245462201.jpg

美しい女性に支配されたいという気持ちは更に「お前ごとき足で十分だ」とばかりに
蔑ろにされる自分を妄想させて悶え楽しみます。該当しますか?

もちろんカウンター妄想もあります。それは別物ではなく蔑ろにされるシチュエーションと
セットにされて「貴様等女などこうしてくれるわ!」という凶暴な自分も存在するのです。
しかし自分では手も出せませんから想像するわけです。
k1210173249293.jpg

1194893812955.jpg
この二つの絵は一見、足とは関係なさそうですが、実はしっかり描かれた足の表情に作者のメッセージが
隠されているのではないかと考察されます。男を陵辱するはずの「足」が最後の抵抗をしているのです。
しかしこの二つのシチュエーションはあくまで自分が陵辱されている瞬間に脳裏によぎる妄想…。
すなわち陵辱される妄想の中のさらなる妄想なのです。

足フェチは単に「足がキレイだから」「…好きだから」で終わっているのではありません。
その深層には「足」を媒介して繰り広げられる脳内の妄想世界が広がっているのです。

以上…勝手に語ってみました。
師匠!いかがでしょうか?www
スポンサーサイト

引越しました。お見知り置をm(_ _;)m

gooブログより引越してきました。
過去記事は引越できたのに皆さんのコメントが入りませんでした。
私のお題目的なものだけじゃ意味が無いのですが…困ったな。

どうしましょうか?師匠w
プロフィール

好貞

Author:好貞
フェチ研究所を管理している事務員の桃瀬桃尻頭好貞(ももせももじりのかみすきさだ)でございます。好貞とお呼び下さりませ。当研究所は特に堅苦しく何かを研究しているわけではございませんので、あしからずご了承くださりませ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR